ブルーベリーサプリに配合されている成分の特徴を知ろう

ルテイン・アントシアニンなどブルーベリーサプリはメーカーによって様々な成分が使われています。

「アントシアニンを〇〇グラム配合!」
などというキャッチコピーを見掛けることもありますが、それぞれがどんな役割や効果を持っているかは素人にはわかりにくいもの。

ここではブルーベリーサプリに配合されている代表的な成分の特徴や効果などを紹介しています。

アントシアニン

アントシアニンは強い抗酸化作用を持ち、眼球の周りにある筋肉に溜まった活性酸素を除去し、凝った状態の筋肉をほぐし疲れを改善させていきます。

そしてもう一つ、アントシアニンはロドプシンの再生のサポート効果もあり、それによってスムーズに再生と分解を繰り返すことができ、ものを見る機能も向上していくのです。

いわゆるこれらのアントシアニンの作用が眼精疲労の改善効果となります。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは必須栄養素に続く大切な栄養分である、カロテノイドとも言われている天然色素の1つです。
カロテノイドは600種類以上あり、カニやエビの赤い殻、鮭の身やイクラなどの赤い色素の成分です。

カロテノイドの中にはアスタキサンチンやトマトのリコピンなどもあります。

そして、アスタキサンチンは強力な抗酸化作用がある分質です。

細胞内の脂質の酸化を予防するため、細胞の老化を防ぎアンチエイジング効果が期待されているため、美容液などの成分としても人気のある栄養素です。

ルテイン

ルテインとはカロテノイド(自然界に存在する天然色素)の一種で、強い抗酸化作用があると言われていて、網膜の酸化を予防し加齢黄斑変性症の予防や改善に効果があると報告されています。

アメリカで行われた大規模調査ではルテインを飲んでいた場合、眼病の発症率に明らかな有意差があると認められたため、医学的なエビデンスもあります。

ちなみにルテインはもともと人の体の中にある成分であっても、自分で作り出せる成分ではありません。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンはカロテノイドの仲間であり、橙色や黄色の色素成分で緑黄色野菜に多く含まれるものです。
カロテノイドは600種類以上あると言われており、さまざまな天然色素をまとめてカロテノイドと言います。

ゼアキサンチンはパプリカやほうれん草、トウモロコシ、パパイヤなどに多く含まれています。

特にゼアキサンチンは、目の健康と深くかかわっているカロテノイドと言われています。

強い抗酸化作用力を保ち、また目に悪影響のあるブルーライトや紫外線を吸収する働きがあり、目の健康には不可欠とも言われている成分なのです。

ベータカロテン

βカロテンとはオレンジや黄色など鮮やかな色をした緑黄色野菜に含まれているカロテノイドの一種で、特徴は強い活性酸素除去効果をもった栄養素です。

ビタミンAと深い関係があり、ビタミンAが不足すると体内で必要な分だけ、ビタミンAに変化して不足分を補うことができます。

ビタミンAに変化することで目、喉、口、鼻、肺、鼻、腸、胃などの粘膜を強化し、ウイルスや細菌などから守る働きもあります。

目の粘膜が健康な状態に保持されていると、ウイルスや細菌、そしてゴミなどからも守ってくれるのです。

DHA

DHAは目にとっても、とても重要な成分です。実は網膜に含まれている脂肪酸の40%程度をDHAが占めています。
わたしたちは脳の働きが悪くなると、同時に視力も落ちるということも分かってきていますが、DHAには近視の改善にも効果もあると言われています。

そしてそれだけでなく視力の改善により集中力もアップし、動体視力も改善されるという結果も出たのです。

また、未熟児にDHAを摂取したところ未熟児網膜症のリスクが減ることも分かってきています。
視力をケアするためにもDHAはおすすめの成分なのです。

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10はわたしたちの体の中の細胞、血液中に存在しています。
つまり心臓筋肉、骨格筋、腸、腎臓にもすべての細胞に存在してエネルギーを作り出しているのです。

エネルギーは食事から摂った栄養素によって産生されます。
特に糖質は血液の流れによって全身の細胞に配られ、それらが細胞のエネルギーとなっていくわけです。

糖質をエネルギーに替えるATPという物質があり、このATPの産生をサポートするのがコエンザイムQ10ということになります。
コエンザイムQ10自体、強力な抗酸化作用があり活性酸素から守る働きをします。

葉酸(ビタミンB群)

ビタミンB群・葉酸も眼精疲労改善効果が期待されています。
葉酸はビタミンB9とも言われておりビタミンB群の一種です。

ビタミンB群にはビタミンB1、B2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミン6、ビタミン12、葉酸などがあります。

それぞれに目によいとされる効能がありますが、特にビタミンB2、B12、B6は多くの目薬にも使われている成分で、角膜の保護や水晶体、毛様体筋の健康効果として広く知られています。

ビタミンC

ビタミンCは活性酸素を分解する効果の高いビタミンですが、特に目の中では水晶体と角膜に多く存在していると言われています。

多く存在しているということは、それだけビタミンCを多く必要とする部分だということなのです。

ビタミンCは水晶体の透明性を保もち、さまざまな疾患から守っています。

最近では花粉症やドライアイの改善と予防に、高濃度ビタミンC点滴が注目されているほどです。