妊娠中や授乳中でもブルーベリーサプリは飲める?

「目の疲れが気になるのだけど、妊娠中でもブルーベリーサプリを飲めるの?」
特にこの妊娠中や授乳中は衛生や安全性も重要視されなければならない時期です。

そこで妊娠中や授乳中のブルーベリーサプリの摂取について考えてみましょう。
どのような点に注意が必要なのか、ブルーベリーは必要なのかなど解説しています。

ブルーベリーサプリは妊娠中・授乳中に飲んでもいい?

ブルーベリーサプリは基本的に健康食品であり、用量を守って摂取する分には問題ないと言われています。

逆に栄養補給としてこの時期にお勧めと言えるでしょう。
特にブルーベリーといえばアントシアニンが疲れ目などに高い効果があります。

授乳中など出産後の疲労や、育児と家事での疲労から目が疲れるというときもあります。
また、ブルーベリーに含まれているルテインという抗酸化成分は、乳房や子宮頸部にもともとある成分であり、乳癌や子宮頸癌予防にも期待されている成分なのです。

妊娠中は悪阻が続くこともあり、思ったように体に良いものを食べることができないこともあります。
そんなときこそ特に活性酸素がたくさん発生するので、強力な抗酸化成分を含むブルーベリーエキスは補給食品としておすすめです。

ただしサプリ自体の安全性を確認しよう

確かにブルーベリーエキス100%のサプリなら特に問題はなく、逆に良いことがたくさんあります。
しかし、そのブルーベリーサプリの安全性はどうなのでしょう。

妊娠中や授乳中に一番大切なのは、その成分内容と安全性、そして生産過程での清潔なども大切です。
ブルーベリーそのもの素材としての安全性の確認は必要です。

日本国産なのか、どこの国産なのか、どこまでの検査がされているのかということも重要になります。

例えば放射能検査や残留農薬検査はどうなっているのかも重要なポイントです。
そこまでしっかりした安全性が認められていないものは、いくらブルーベリーサプリであっても勧められません。

また、海外のサプリなどは、あまり成分など分からないものや信頼性が不明のものもあるのではないでしょうか。

ブルーベリー以外の成分では何が入っているか

次に考えるべきことはブルーベリーだけでなく、ビタミン類や他の成分などもプラスされているサプリメントについてです。
例えばビタミン類などは天然素材から抽出したものばかりではなく、人工的に作られたビタミンも当然配合されています。

ビタミンやミネラルといった成分は妊娠時に必要な栄養素でもあります。
ですが、ビタミンAやビタミンDといった脂溶性ビタミンはあまり過剰に摂取してしまうのもよくはありません。

ブルーベリーサプリのメーカーサイトには妊娠中にも飲めるかどうかの記載はされているため、そちらを確認して選ぶことが大切です。

GMP認定工場で製造されたサプリを選ぼう

以上のことをまとめていくと、結局ブルーベリー自体はとてもおすすめの成分ですが、安全性などを考えるとやはり妊娠中や授乳中でも飲める信頼のあるメーカーのものを選ぶ必要があるということではないでしょうか。
また、GMP認定工場で製造されたサプリは医薬品レベルの開発環境でつくられていて、安全性が高く保証されているため、選ぶ基準としておすすめです。

例えば妊娠中に必要な葉酸が含まれているものもあります。
また他に妊娠中や授乳中に必要なミネラルやビタミンなど、すべて天然成分から抽出された安全成分のみ使用のものもあります。

このようなタイプのサプリなら、ブルーベリーサプリとしてもおすすめです。