【2019年決定版】ブルーベリーサプリ比較ランキング!目の疲れを感じる方に!

近年スマートフォンの普及や、仕事柄パソコンを使用する人が増え、目に疲れを感じる人やピントの調節機能がうまく働かなくなっている人が多くなっています。

そこで注目されているのが目に良いとされるブルーベリーでつくられたブルーベリーサプリ。
現在はファンケル・わかさ生活・DHCなど様々なメーカーから発売されています。

しかし中には
「ブルーベリーってそもそも本当に目に良いの?」
「ブルーベリーを飲んで効果を実感した人はいるの?」
という声もあり、摂取に戸惑ってしまう方も多いのではないでしょうか。

まさにその通りで、実際ブルーベリーサプリは医薬品ではないため、“視力を回復させるという医学的根拠(エビデンス)も発表されていない”のは事実なのです。

なぜブルーベリーは視力アップ効果があると言われ始めたのか?

ブルーベリー(ビルベリー)の有効成分でもあるアントシアニンにはロドプシンという物質が含まれています。

このロドプシンは桿体細胞に500 nmの光を吸収させるといった役割があると言われており、この働きにより色素を作る働きが生まれます。

これらは暗い場所での視力などに役立つため、“ロドプシンは視力をアップさせる”といった流れが定着したのだと思われます。

そうすると

アントシアニンはロドプシンを作る

ブルーベリーにはアントシアニンが含まれている

ブルーベリーは目に良い

という図式が成り立っているのです。

ブルーベリーサプリでは視力回復はできない?

はっきり言うとブルーベリーサプリでは“視力を回復させる”“視力をアップさせる”という効果は期待できません。

「じゃあブルーベリーサプリの効果はすべてが嘘なの?」
「サプリメントを飲むだけ無駄じゃないか」

と思う方もいるかと思います。
そこで勘違いしてはいけないのはブルーベリーサプリの役目は“目の健康状態を整えてあげること”なのです。

目の疲れ(眼精疲労)や最近話題のスマホ老眼(目のピント調節機能の低下)などは目のコンディションが悪くなることから発症する症状と言えます。

そのため、ブルーベリーサプリで視力の向上はできませんが、サプリメントに含まれている栄養成分を目に送ることで目のコンディションを整えることは可能なのです。

ブルーベリーサプリの摂取をしてほしい人

上記で触れたようにブルーベリーサプリでは視力を向上させることはできません。大げさに言うと飲むだけ無駄と言えるかもしれません。

では本来ブルーベリーサプリはどのような人におすすめなのでしょうか?
それが、

  • 目の疲れを感じている人
  • スマホ老眼など目のピント調節がうまく合わない人

と、いずれも目の健康状態を崩した方におすすめです。

目の疲れを感じている人(眼精疲労など)

目が疲れている人
仕事でパソコンやタブレットを使用している方は毎日目に負担をかけていると言っていいでしょう。
特にパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED証明からはブルーライトが発光されています。

ブルーライトは可視光線(人が目で見ることのできない光)の中で最も波長が短く、強いエネルギーを持っています。
そのため、目に大きく負担をかけてしまい、眼精疲労などの症状を引き起こしてしまうのです。

スマホ老眼など目のピント調節がうまく合わない人

スマホ
若い世代にも急増している新種の老眼がスマホ老眼と呼ばれるものです。
そのネーミングの通り、スマートフォンを多用することで引き起こす症状の1つですが、その正体は「毛様体筋の疲労」です。

スマートフォンを見る時の距離というのは実は非常に近く、目のピント調節をする毛様体筋に大きな負担がかかります。
毛様体筋への過剰な負荷が原因でピントが合わせられなくなってしまうのがスマホ老眼なのです。

適度に目をしっかり休ませること、目に良い栄養を送ること、目の筋肉の負担を減らすことでこれらの症状はいずれも改善することが可能です。
それらのサポートをブルーベリーサプリでは補ってくれるのです。

ブルーベリーサプリでおすすめの栄養成分

目に良いサプリメントというと、有名な成分はブルーベリーエキスやアントシアニンとされています。
ですが当サイトでさらにおすすめしたいのがルテインアスタキサンチンという成分です。

天然のサングラスと呼ばれるルテイン

ルテインとはカロテノイド(自然界に存在する天然色素)の一種で、強い抗酸化作用があると言われていて、網膜の酸化を予防し加齢黄斑変性症の予防や改善に効果があると報告されています。

アメリカで行われた大規模調査ではルテインを飲んでいた場合、眼病の発症率に明らかな有意差があると認められたため、医学的なエビデンスもあります。

食品でいうとホウレンソウやケールなどに多く含まれていますが、亜鉛やセレンなどの微量元素と一緒に摂取しないと本来の効果が発揮できないため、微量元素が一緒に配合されているサプリメントでの摂取がおすすめなのです。

目の筋肉に効くアスタキサンチン

アスタキサンチンもカロテノイドの一種で、ルテインと同様に強い抗酸化作用があり、その効力はビタミンEの約1000倍と言われているほどです。

アスタキサンチンは目の筋肉に効く成分なので、目の筋肉が疲労することで起こる疲れ目に効果が期待できます。

元々の分子量が小さいので血液の「血液脳関門」や目の網膜にある「血液網膜関門」を通り抜けることができ、網膜細胞にも届くと言われています。

よく見かけるアントシアニンは分子量が大きく、その血液網膜関門を通り抜けることが困難なことから、アスタキサンチンはアントシアニンよりも効果があると言われているのです。

2019年ブルーベリーサプリおすすめランキング

北の国から届いたブルーベリー

八幡物産株式会社(やわた)が販売しているブルーベリーサプリ。約1800個分のブルーべりーの栄養素は配合されているのがキャッチコピーです。

・アントシアニンの含有量が約3倍
・ルテイン、コエンザイムQ10など他の成分もしっかり配合
・安心のGMP認定&全額返金保証

ブルーベリー&ルテイン
ブルーベリー&ルテイン

モンドセレクション金賞も受賞したことのあるブルーベリーサプリ。発売以来1200万本売れている人気サプリメントです。

・1粒に25種類の栄養成分を凝縮
・アントシアニンが機能性食品
・モンドセレクション金賞受賞

えんきん
えんきん

化粧品・健康食品メーカーとして有名な株式会社ファンケルが開発した目に良いサプリメントが「えんきん」。TVCMや広告などでも見かけることの多いアイテムです。

・抗酸化力はビタミンEの約1000倍「アスタキサンチン」配合
・植物由来ソフトカプセルで無添加
・ブランド力が高く信頼性はGood!

メラックスeye
メラックスeye

こちらも八幡物産株式会社(やわた)から発売されているサプリメント。ブルーベリーよりもルテインをメイン成分にしているためスマホ老眼などが気になる方におすすめ。

・1粒にルテイン25mg配合(にんじん59.5本分)
・安心の全額返金保証付き
・ルテインが機能性食品

めなり
めなり

さくらフォレスト株式会社が開発したハイスペックのブルーベリーサプリ。モンドセレクション金賞を3年連続受賞している品質の高いサプリメントです。

・アントシアニンが6倍のビルベリーエキスを使用
・夜間の視力を助けるβカロテンが機能性食品
・定期便購入ならホットアイマスク貰える

大正ブルーベリー
大正ブルーベリー

大正製薬が開発したブルーベリーサプリ。大正製薬の製剤技術により錠剤ではなく溶けやすいソフトカプセル型を採用しているのも特徴的です。

・ビルベリーエキスとルテインをバランスよく配合
・アルミの個別包装だから酸化しにくい
・大手製薬会社なので信頼性も高い

アサイベリープラチナアイ
アサイベリープラチナアイ

アイリンクス株式会社が開発したブルーベリーサプリ。目立った広告は出しておりませんが、口コミで人気が広まり2年で20万袋売れたというサプリメントです。

・ブルーベリーの18倍のポリフェノールを含むアサイベリー配合
・ポリフェノールを強化するビルベリー、カシス、ブドウを配合
・目をクリアにするルテインとアスタキサンチンを配合

アスタブライト
アスタブライト

千代田薬品工業株式会社が開発したベリーサプリメント。顧客満足度88.3%を誇る品質の高いサプリです。パソコン仕事などが多い人におすすめ。

・ブルーベリーやビルベリーの上を行くマキベリー配合
・アスタキサンチンの配合量は業界トップクラス
・抗酸化作用の高いDHA・EPAを配合

みやびのビルベリープレミアムα
みやびのビルベリープレミアムα

株式会社みやびが開発したブルーベリーサプリ。5つのベリーをメインとした14種類の天然成分を贅沢に配合。日常の目の疲れやドライアイが気になる方におすすめ。

・マキベリーやカシスなど5つのベリーを配合
・すっきり成分のメグスリノキを配合
・夜間の視力を助けるビタミンAが栄養機能食品

サントリーブルーベリー
サントリーブルーベリー

SUNTORYが開発したブルーベリーサプリ。少々価格は高いですが大手企業のサプリメントということで信頼性も高く人気アイテムの1つです。

・アントシアニンとアスタキサンチンのダブルパワー
・ビタミンB群・ビタミンEなども豊富
・価格は高めだがブランド力が高く信頼性がある

ブルーベリーサプリの比較表

商品 主要成分 通常価格 定期価格 1日あたりの費用

北の国から届いたブルーベリー
・ルテイン
・ビルベリーエキス
・DHA・EPA
・メグスリノキ
・ベータカロテン
・コエンザイムQ10
2,160円 1,944円 約72円
ブルーベリー&ルテイン
ブルーベリー&ルテイン
・ビルベリー
・ルテイン
・アントシアニン
・カシス
・メグスリノキエキス
1,992円 1,000円
※初回
約66円
えんきん
えんきん
・アスタキサンチン
・ルテイン
・DHA
・シアニジン-3-グルコシド
2,160円 1,000円
※初回
約72円
メラックスeye
メラックスeye
・ルテイン 2,160円 1,944円 約72円
めなり
めなり
・ビルベリー
・ルテイン
・ゼアキサンチン
・アスタキサンチン
・クロセチン
3,980円 907円 約132円
大正ブルーベリー
大正ブルーベリー
・ビルベリー
・ルテイン
3,456円 1,058円 約115円
アサイベリープラチナアイ
アサイベリープラチナアイ
・アサイベリー
・ビルベリー
・赤ブドウ
・カシス
・ルテイン
・アスタキサンチン
4,600円 2,300円 約153円
アスタブライト
アスタブライト
・マキベリー
・アスタキサンチン
・ルテイン
・DHAEPA
5,378円 1,980円 約179円
みやびのビルベリープレミアムα
みやびのビルベリープレミアムα
・マキベリー
・エルダーベリー
・ビルベリー
・カシス
・メグスリノキ
・ルテイン
・アスタキサンチン
1,687円 1,518円 約56円
サントリーブルーベリー
サントリーブルーベリー
・アントシアニン
・アスタキサンチン
5,184円 4,665円 約172円

※1日あたりのコストは通常価格で計算

ブルーベリーサプリの飲み方

水、またはぬるま湯で飲むのが一般的です。
食事の前後だとつい他の飲み物で飲んでしまいがちですが、なるべくは水またはぬるま湯で飲むことを心掛けましょう。

お茶と一緒に飲んでも大丈夫?

お茶にはタンニンという成分が含まれています。
もちろんお茶のタンニンもブルーベリーのアントシアニンはどちらもポリフェノールの一種で抗酸化作用の高い成分です。

しかし、タンニンは鉄分の体内吸収を阻止し、逆にアントシアニンは鉄分の体内吸収を促進する効果があります。
このように2つの反対の作用があるものを、同時に摂ることはできるだけ避けるようにしましょう。

コーヒーと一緒に飲んでも大丈夫?

コーヒーにもお茶と同じタンニンの他にカフェインが含まれています。
カフェインには鉄分だけでなく、他のミネラル類の吸収阻止作用があります。

そのため、ブルーベリーサプリだけでなく、どのサプリメントもコーヒーとは飲まないようにしましょう。
せっかくのアントシアニンなどの効果が発揮できなくなってしまいます。

ブルーベリーサプリを飲むタイミングは?

やはり目を使う人は仕事で目を使う場合が多く、そのことを考えると摂取は朝食中に飲むのがおすすめです。
ブルーベリーサプリのほとんどは1~2粒で1日の摂取量を補えるものがほとんどです。

しかし、疲れの激しいときなど少し多く摂取しても良いという用量指示があれば、朝と昼過ぎなど目の疲れる仕事をする時間に合わせて飲むようにしましょう。

もともと1日2~3つの摂取用量のものなら、朝1~2つ、昼すぎに1つというふうに飲んでみましょう。
※体に合わないなどの症状が出てきた場合は直ちに控えてください。

サプリは食事中に摂取するのが一般的

ブルーベリーサプリに限ったことではありませんが、サプリメントというのは “健康食品”です。

そのため、摂取するベストなタイミングというのは基本的に体が吸収モードになっている時が栄養素を効率よく吸収します。

食事中はたんぱく質や糖を摂取することがほとんどだと思いますが、たんぱく質や糖は体を吸収モードにする働きがあるため、食事中がもっともサプリの効果を発揮する摂取タイミングと言えるのです。

早めにアイケアを始めることが大切

視力は一度落ちてしまうと元に戻すことは難しくなってしまいます。
そこで重要なのが早めにアイケアをしてあげること。

普段から目に疲れを感じたり、ピントが合わないと感じてきたらブルーベリーサプリでケアをしてあげましょう。